×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホームヘルパー2級資格・格安講座を探せ

スポンサードリンク

ホームヘルパーを取り巻く現状は?

ホームヘルパーとは、年齢や心身の傷害等により日常的な生活をおくることに支障がある高齢者又は、身体障害者等の介護や家事などのサービスを提供することを目的とした人のことを言います。
現在日本では少子高齢化の問題が深刻となっています。これにより、当然ホームヘルパーの人的不足も問題となっていますが、日本は今後2015年には約4人に一人が65歳以上の高齢者となるという予測がたっており、ホームヘルパーの絶対数の問題は今後更に深刻になることは間違いないでしょう。ホームヘルパーは、その資格の取得は講習を受けることで資格取得となります。。つまり、誰でも取ることができる資格といえます。しかし、最も重要なことはホームヘルパー個人の能力です。能力のないホームヘルパーでは、やっていけないことも事実です。これからのホームヘルパーに最も必要なことはなんなのでしょうか?

ホームヘルパーの仕事は?

ホームヘルパーの主な仕事は、食事・排泄・衣類着脱・入浴・洗髪など高齢者や身体障害者の方の身体の介護に関することと、調理・住居の掃除といった家事に関すること、相談助言に関することです。 こういうとホームヘルパーの仕事を、いわゆる家政婦のように思う方がいますが、ホームヘルパーが担う役割から考えれば、家政婦とは大きな違いがあります。 ホームヘルパーの仕事の理念は、その人らしさの表現をお手伝いすることです。 その人が人間らしい生活を営むためのお手伝い、一言で言ってしまえば自立支援が最大の仕事なのです。 そのためにホームヘルパーは時に見守ることが重要となります。 すべてに手を貸してしまうことで、利用者の自立意欲を奪う結果となってしまうことは避けなければなりません。 では実際にホームヘルパーの仕事のないようについてみていきましょう。 ホームヘルパーの仕事を大きく分類分けすると、訪問型サービス、通所型サービス、入所型サービスの3つにぶんるされます。

スポンサードリンク

ホームヘルパー2級資格講座について

ホームヘルパー資格は1級から3級まであり、ホームヘルパー資格を取得するための試験などはありません。 ホームヘルパー資格は行政機関や学校法人、民間企業などが開催している、養成研修を受講することによって取得できます。 研修費用は各自治体では無料の場合が多く、民間の場合はホームヘルパー2級講座では10万円前後というところでしょう。無料・格安の各自治体の講習等の場合は抽選となる場合も多いようです。 ただし、「教育訓練給付制度」をはじめとした割引・給付制度も使えますので条件を満たした場合、最大40パーセントの受講料が免除されることがあります。

ホームヘルパー資格講座に関わる研修期間は、 ホームヘルパー2級、3級に関しては受験資格なし ホームヘルパー1級は2級ヘルパーとして1年以上の実務経験が必要 ホームヘルパー資格 研修時間 ホームヘルパー1級:230時間 ホームヘルパー2級:130時間 ホームヘルパー3級:50時間